☆★☆★  DISPORTARE SPORTS TOPICS  6章 第1回  ☆★☆★

ご無沙汰しておりました。2013年第1回目となります。
新たな筆者のTです。
5章の筆者が最近お疲れ気味で?!、新たに担当となりました!
DISPORTARE SPORTS TOPICS6章としてまたはじめさせて頂きます。
どうぞよろしくお願い致します!得意分野はスポーツ全般とアイドルです(笑)
今後いろんな話題を書かせていただきますね!さて第1回はLINEのお話です。

みなさん、「LINE」は利用していますか?雑誌の特集やテレビCMなどで、目や耳に
したことがある方は多いかと思います。「LINE」は主にスマートフォンで使われる
無料の通話・メールアプリです。2011年6月23日にサービスを開始し、13年1月18日
にはユーザー数が世界で1億人を超えました。

そんな「LINE」ですが、個人で活用するだけではなく芸能人、テレビ番組各種企業
などが公式アカウントを開設しています。12年6月から始まった情報発信やクーポン
配信などができる企業向け公式アカウント。第1弾は日本コカ・コーラ株式会社「コカ・
コーラ オリンピック応援 アカウント」、日本テレビ放送網株式会社「Music Lovers
公式アカウント」などでした。
12年12月からは、登録者の上限(1万人)やLINE内の公式アカウント一覧ページに
掲載されないなどの制限はあるものの、公式アカウントより非常に安価で使えるサー
ビス「LINE@」も始まっています。

さまざまな業種で公式アカウントが登場していますが、スポーツチームの利用はま
だありません。しかし、ファンサービスとして「LINE」は大いに活用できるのでは
ないでしょうか。

たとえばプロ野球チームで考えてみると、いくつかのサービスが思いつきます。
「LINE」の特徴であるスタンプ。例えばジャイアンツのジャビットなど、各球団には
マスコットキャラクターがいますが、ファンならば応援するチームのマスコットの
スタンプがあれば、きっと使いたくなるはずですよね。

試合観戦をより楽しんでもらうためにも、「LINE」は使えます。先制点をもたらした
打者やピンチを乗り切った投手のコメントは、ニュースサイトや新聞などで見ることが
できますが、できればリアルタイムに知りたいものです。
試合中にチームの公式アカウントから選手たちのコメントが発信されれば、球場の
ファンに喜んでもらえるのではないでしょうか。

また試合後、監督や今日のヒーローからの声などが届けば、家までの億劫な帰り道も
少しは変わるのでは、など思ってしまいます。クーポンも配信できますので、チケット
や球場での販売促進にもきっと力を発揮すると思います。

今なら「LINE」で公式アカウントを開設するというだけで、ニュースとなり宣伝効果
が期待できます。プロ野球のオープン戦もまもなく始まりますが、シーズン開幕までに
「LINE」の公式アカウントを開設する球団は出て来ますでしょうか。

※今後本メールの配信をご希望されない方や、送信先メールアドレスの変更をご希望の
方はその旨をこちらのアドレスまでご連絡ください。

Categories: SPORTS TOPICS

Comments are closed.

Twitter updates

No public Twitter messages.

Sponsors

  • Cheap reliable web hosting from WebHostingHub.com.
  • Domain name search and availability check by PCNames.com.
  • Website and logo design contests at DesignContest.com.
  • Reviews of the best cheap web hosting providers at WebHostingRating.com.